こんにちは!
豊洲東雲・柏で活動している
パーソナルトレーナーの今泉拓馬です!

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

私は頑張っているけれど、
中々痩せることが出来ない人を
対象に指導することが多いです。

 

健康的に痩せるためには、
運動と食事はとても大切です。

 

でもそれだけでは、
健康的に痩せることは出来ません。

 

睡眠の質も高めていくことが重要です。

 

夜寝ようと思っても、
中々寝れなかったり、
夜中に何度も起きてしまうことありませんか??

 

睡眠の質が悪いと体重も落ちにくく、
痩せにくい状態になってしまいます。

 

生活リズムが崩れていることで、
痩せにくい状態が出来てしまっているかもしれません。

 

そのひとつの原因が『コーヒー』と言われています。

 

あなたはよくコーヒーを飲んでいませんか??

 

もしコーヒーをたくさん飲んでいるなら、
飲み過ぎが睡眠の質を下げてしまい、
痩せにくい体を作っているかもしれません。

 

コーヒーにはメリットもあれば、
デメリットもあります。

 

それぞれのポイントを知った上で、
コーヒーを飲んでみましょう!

コーヒーを飲むデメリット

コーヒーにはカフェインが含まれています。

 

『カフェインは体に良くない』と考える人はいますが、
なぜ良くないのでしょうか。

 

それは、カフェインは利尿作用というものがあり、
体の中にある必要な水分を外に排出してしまうからです。

 

水分補給としてコーヒーを取っているとしたら、
それは間違えです。

 

コーヒーを取ると、水分が外に出て行ってしまうので、
コーヒーを飲むあなたはコーヒー以上にお水を飲む
ことが大切になってきます。

 

お水を飲まずにコーヒーだけを飲んでいるなら、
脱水の状態になっている可能性もありますので、
注意してください。

 

また夜にカフェインを摂取すると
睡眠の質が悪くなる人もいます。

 

カフェインは眠気を覚ます働きもあります。

 

人によっては、夕方以降に飲むと
眠くならずに睡眠の質を下げてしまうことも
考えられます。

 

夜遅い時間のコーヒーは避けましょう!

 

夕方以降は飲まないのが理想的です。

コーヒーを飲むメリット

とは言っても、
コーヒーにもメリットはあります。

 

カフェインには、
脂肪燃焼作用があります。

 

運動前にコーヒーを飲むと
脂肪燃焼を高めてくれます。

 

例えば、散歩前にコーヒーを飲めば、
脂肪燃焼効果が高まりまりますよ!!

 

他にもお昼ご飯後の睡魔も
コーヒーで解消出来ます。

 

コーヒーを飲んで、
15分〜20分の仮眠を取るだけで、
眠気がスッキリします。

 

どちらもコーヒーの飲むタイミングを意識すれば、
ダイエット効果や仕事効率を上げることが出来ます。

 

結果、
タイミングを考えてコーヒーを飲めば、
ダイエット効果だけでなく、
仕事の効率も上げることが出来ます。

 

そして、夕方以降のコーヒーも控えれば、
睡眠の質も高まるので痩せやすい体へと変わっていきますよ^ ^

 

量で考えるなら、
1日3杯程度に出来たら良いですね。

 

食事もそうですが、
『食べてはダメ』『飲んではダメ』はなく、
どう生活の中に取り入れていくか??

 

これが何より重要です♪